Top >  ピーリング石鹸 >  ピーリング酸洗顔のコツ

ピーリング酸洗顔のコツ

ピーリング酸洗顔のコツ

キメこまかい泡をたくさんつくる事が重要です!!キメこまかい泡は、毛穴や皮膚のこまかいところまで、きっちりキレイにしてくれます。
この泡のひとつひとつが毛穴のよごれを掃除してくれるとおもうと、ここで泡立てをがんばるしかない!

コツですが、水を多めに手にとってゆるい泡をつくってから固く泡立てたほうが、早くこまかい泡ができます。
ピーリング石鹸は泡立ちがとてもいいのですが、泡立てが苦手な人は、ネットなどをうまく利用して、こまかくてしっかりした泡をつくってくださいね!


指先には絶対にちからをいれないコト!

無意識のうちに、コメドをとってしまおうと、つい指先に力が入るきもちはよくわかります。
でも絶対にダメですよ!
洗顔するとき、肌に力が加わると、毛穴が圧迫されて閉じてしまうので、せっかくつくったキメ細かい泡も、毛穴の汚れや角質をとることができなくなるのです。

指のちからをぬいて、顔を左右にふるだけのことですが、マッサージされているような感触がしてとてもきもちいいです。はたからみるとバカっぽいですが、わたしの編み出した「顔ふり洗顔」、自信をもってオススメします!(こまかい箇所は指をうごかしてあらってくださいね

ピーリング石鹸

ピーリング石鹸は安価で行えるピーリング法です
ピーリングせっけんについて解説していきます

関連エントリー

ピーリング酸洗顔のコツ
ピーリング石鹸の使い方
ピーリング石鹸の特徴
ピーリング石鹸