Top >  グリコール酸ピーリング >  グリコール酸ピーリング

グリコール酸ピーリング

グリコール酸ピーリング

グリコール酸は表皮のみの浅いピーリング剤として最も良く利用されている薬品です。

グリコール酸は、AHA(αヒドロキシ酸)の中でも分子量が少なく(粒子が小さい)浸透性が高いこと、また扱いやすいことが理由で利用されることが多いようです。
ピーリングには、ほとんどの場合、グリコール酸が使われます。
グリコール酸は身体に存在する毒性のない物質です。

皮膚表面からの吸収された場合も、全身的副作用はありません。発癌性、アレルギーの心配はなく、パッチテストも不要と言われています。他のピーリング剤に比べ炎症を起こしにくいのも、グリコール酸の特徴といえます!

グリコール酸ピーリング

ピーリングの種類
グリコールピーリングについて解説

関連エントリー

グリコール酸ピーリングの注意点
グリコール酸ピーリングの実際
グリコール酸ピーリング