Top >  グリコール酸ピーリング >  グリコール酸ピーリングの実際

グリコール酸ピーリングの実際

グリコール酸ピーリングの実際

【プライミング】
プライミングとは治療前に薄いレチノール酸やグリコール酸のクリームなどを使ってホームケアをする事です。角質層を薄くし、緻密かつ均一な表皮の状態に戻しておくとケミカルピーリングの効果が高まるとされています。

【当日】
前日からホームケアを中止して治療に臨みます。綿棒で丁寧にグリコール酸の溶液を塗っていきます。その後、冷却し、鎮静剤(ソルコセリルなど)を塗って終了。

【治療後】
治療当日のみ化粧を避けます。約一週間のうちに表皮が再生していきますので、その間は日光を避け、お肌が乾燥しないように気をつけます。


一般的にグリコール酸が得意とする浅いピーリングは、永久的な脱色や傷跡を残すといった危険はほとんどありません。また、ピーリングした部分と、しない部分の境目が目立つこともなく、グリコール酸を使った場合、対応できない重大なトラブルはないと言われています。

ピーリング後に表皮が薄くなっている間、紫外線対策をしなかった場合、紫外線に対する過敏な反応が現れる場合があり、サンブロック製品の使用を忘れてはいけません。
ピーリング後、かさぶたを作るといったことが起きるにしても、一時的なもので、皮膚の再生が遅れる、化膿性の感染症を起こすことはほとんどありません。

グリコール酸ピーリング

ピーリングの種類
グリコールピーリングについて解説

関連エントリー

グリコール酸ピーリングの注意点
グリコール酸ピーリングの実際
グリコール酸ピーリング