Top >  サリチル酸ピーリング >  サリチル酸ピーリングのメリット、デメリット

サリチル酸ピーリングのメリット、デメリット

サリチル酸ピーリングのメリット、デメリット

AHA酸ピーリングで十分な効果が得られない時に行なわれることがおおいようです。つまり、効果は少し高めということなのでしょう。

【メリット】
少し深め(表皮基底層まで)のピーリングが安全に可能
均一に塗布しやすく、オーバーピーリングなどのリスクが低い

【デメリット】
ダウンタイムがある(一週間程度かけて皮が剥ける)
発赤、疼痛がでることがある。

--サリチル酸の豆知識--
サリチル酸はエタノール基剤での製剤が以前より知られていますが、痛みが強く、一般的にはほとんど使用されてきませんでした。
最近ポリエチレングリコール基剤での製剤により、痛みが少なく効果的な治療が可能ということが分かってきました。(現在は医療機関のみで取扱可能です。)
塗布した酸をふき取る際に多少のピリピリ感があります。
ケミカルピーリング後1~2 週間後から、お肌の変化が実感できます。グリコール酸よりも、にきび原因となる「コメド=角栓」ができにくいというデータが発表されています。

サリチル酸ピーリング

ピーリングの種類
サリチル酸ピーリングについて解説

関連エントリー

サリチル酸ピーリングのメリット、デメリット
サリチル酸ピーリングとは