Top >  よくある皮膚トラブルや症状 >  帯状疱疹

帯状疱疹

帯状疱疹

水ぼうそうというのは、子供のころにやりますが、この原因となるウィルスはその後も何十年と言う長い間、神経の根っこの部分に潜伏しています。

そのまま静かにしている場合もあるのですが、体の免疫能力が下がったときに、ウィルスの活性化がおきて一部分に水ぶくれとなって現れることがあります。

始めはピリピリ感やしびれのように感じ、数日以内に水ぶくれができて来ます。
水ぶくれになるころには、ビリビリとした強い痛みになり、眠れないこともあります。
通常は1回で済みますが、その後の痛み(帯状疱疹後神経痛)は時としてその人をウツ状態に追い込んでしまうこともあるようです。

老年期になって自然と体の免疫力が下がるためにかかることもありますが、バリバリ仕事をしているような年代でも、ストレスが溜まったりすると免疫力が下がって、かかってしまうことがあるのです。


痛みをなるべく残さないためには早く治療を開始すること(抗ウィルス薬)、そして痛みが残ってしまったときには必要に応じ軽い抗うつ薬を使用することも含めて対処していくのが一般的です

よくある皮膚トラブルや症状

スキンケアトラブルや皮膚の病気について

にきびや湿疹、蕁麻疹など肌にまつわる症状やトラブルを紹介。肌や皮膚に関するトラブルや症状一覧です

関連エントリー

スティーブンス‐ジョンソン症候群
乾癬
バラ色粃糠疹
尋常性白斑
帯状疱疹
赤ら顔
ワキガ?
かかとがカサつく
フケ症