Top >  よくある皮膚トラブルや症状 >  スティーブンス‐ジョンソン症候群

スティーブンス‐ジョンソン症候群

スティーブンス‐ジョンソン症候群と中毒性表皮壊死症

スティーブンス‐ジョンソン症候群と中毒性表皮壊死症は、いずれも命にかかわる重い皮膚病で、症状として発疹、皮膚の剥離(はくり)、粘膜のただれが生じます。

スティーブンス‐ジョンソン症候群では主に口の中、眼、腟などの粘膜に水疱が生じ、発疹が集まった部分ができます。中毒性表皮壊死症でも粘膜に同様の水疱ができますが、スティーブンス‐ジョンソン症候群ではさらに、皮膚の最も外側に位置する表皮が、体の広い範囲で大きくはがれます。
どちらの病気も命にかかわります。

よくある皮膚トラブルや症状

スキンケアトラブルや皮膚の病気について

にきびや湿疹、蕁麻疹など肌にまつわる症状やトラブルを紹介。肌や皮膚に関するトラブルや症状一覧です

関連エントリー

スティーブンス‐ジョンソン症候群
乾癬
バラ色粃糠疹
尋常性白斑
帯状疱疹
赤ら顔
ワキガ?
かかとがカサつく
フケ症