Top >  よくある皮膚トラブルや症状 >  乾癬

乾癬


乾癬(かんせん)は慢性で、繰り返し再発する皮膚の病気です。

盛り上がった赤い皮疹(紅斑)が1つまたは複数生じ、銀白色のうろこ状のかさつき(鱗屑)を伴います。
紅斑と正常な皮膚の境界は明確に区別がつきます。




乾癬で紅斑ができるのは、皮膚細胞の成長速度が異常に高まるためです。
なぜ細胞が急速に成長するのかはわかっていませんが、免疫系にかかわりがあると考えられています。

この病気は遺伝することがしばしばあります。
病気としては珍しいものではなく、白人の2〜4%にみられます。

よくある皮膚トラブルや症状

スキンケアトラブルや皮膚の病気について

にきびや湿疹、蕁麻疹など肌にまつわる症状やトラブルを紹介。肌や皮膚に関するトラブルや症状一覧です

関連エントリー

スティーブンス‐ジョンソン症候群
乾癬
バラ色粃糠疹
尋常性白斑
帯状疱疹
赤ら顔
ワキガ?
かかとがカサつく
フケ症